イマベップ

エコロジー大賞受賞のお知らせ 12月18日(金)

この度、当社が鹿児島商工会議所 産業経済賞 エコロジー大賞を受賞いたしました。
受賞理由は、継続的な環境保全活動の取り組みと社業を通じた環境保全への寄与です。
鹿児島商工会議所では、平成20年度より産業経済賞に新たに「エコロジー大賞」を設け、環境負荷低減に取り組んでいる企業を表彰しています。

当社は「環境(まち)創り、人財(ひと)創り」という経営理念に基づいて、太陽光発電システム、屋上緑化といった「安全創造業」を通じて、環境貢献活動を推進しています。
平成9年12月、京都で「地球温暖化防止会議」が開催され、二酸化炭素を中心とした温室効果ガスの削減について先進国の目標が定められました。この時同時開催された通産省主催の「ECO JAPAN'97」に当社社長の今別府英樹が参加したのをきっかけに、当社においても平成10年5月にソーラー事業部を発足させました。
一般住宅への設置はすでに2,000件を超え、国の地球温暖化対策方針を踏まえ、更に全社をあげて地球温暖化対策を行っております。
平成12年にISO9001の認証を取得し、ISO認証取得について自社で構築したノウハウを活かしISOコンサルタント事業部を設け、地元企業の環境保全活動の支援も行っています。
また、社内においても、平成14年4月に環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得し、二酸化炭素排出削減に先んじた取り組みをしています。
平成20年には、自社屋上に緑化工事を施し、既に設置済みであった太陽光ソーラーパネルによる電気の自給とともに、一層の温室効果ガスの排出削減に努めているところです。また、社員はもとより当社協力会とも連携して、環境保全活動の一環として、地域清掃ボランティア活動等を実施しており、このような快適な地域社会づくりへの活動・貢献が認められました。

これからも、私たち今別府産業は地球・地域環境保全に向けた動きを継続的に取り組んで参ります!